未分類

電車で効果的な居眠り対策4選!移動中に絶対に寝れない人必見!

 

電車で移動中、

ついついウトウトしてきてしまい、寝てしまった。

 

そして、気付いたら目的の駅をかなり通り過ぎて、見知らぬ駅に到着していた・・・

 

なんて経験はありませんか?

筆者は何度もあります(笑)

 

まあ、こういう経験って誰にでもあるのもですよね?

 

時間がある時なら良いですけど、

時間がない時だとかなり困ってしまいます。

 

そこで今回は、

電車での居眠りを防止する効果的な対策方法をご紹介!

 

眠たいけどどうしても寝れない人は、

是非参考にしてみて下さい!

スポンサーリンク

なぜ眠たくなるのか?

 

それにしても不思議です。

 

なぜ、電車に乗ると眠たくなるのでしょうか?

 

まあ、元々眠たい時もあると思います。

 

でも、元々眠たくない時でも眠くなりますよね?

 

全然眠くなくても眠くなる。

不思議な乗り物です(笑)

 

なぜ、電車に乗ると眠たくなるのでしょうか?

 

科学的根拠はありませんが、

筆者は電車の単調なリズムと、

外の景色が問題だと思っています。

 

電車って「ガタンゴトン」という単調なリズムが続きますよね?

 

人は常に同じリズムを刻まれると、

眠くなる性質があるのです。

 

そして、外の代わり映えしない景色。

 

ずっと同じ景色が続くので、

脳が麻痺してきてしまい、

眠くなってくるのだと思います。

 

更に言うと、

電車って自分で運転する訳じゃありませんよね?

 

なので、かなり気が抜けていると思います。

 

気が抜けている時って眠くなりがちですからね。

 

だから眠くなってくるのだと筆者は思っています。

 

でも、だからと言って寝て良い時と、

寝てはダメな時がありますからね。

 

今、この記事を見ているという事は、

アナタは寝てはダメな状況なのでしょう。

 

今から電車での居眠り防止方法をご紹介していきますので、是非活用して下さい。

 

電車での居眠りを防止する対策方法

対策方法その1・席に座らない

 

電車での居眠りを防止する対策方法その1は

「席に座らない」です!

 

これ、一番確実な方法ですね。

 

人は何かに体重を預けないと寝れない生き物なんです。

 

なので、座ったりしない限り寝れません。

 

ただ、気をつけて欲しいのが、

壁際にもたれかかってもダメという事です。

 

それをしてしまうと何かに体重を預けている事になるので、寝てしまいます。

 

壁際には行かずに立つようにしましょう。

 

そんなに難しい事ではありません。

 

これだけで眠らずに済みますよ!

 

対策方法その2・イヤホンは付けない

 

電車での居眠りを防止する対策方法その2は

「イヤホンは付けない」です!

 

電車に乗る時ってイヤホンを付けながら乗る事が多いと思います。

 

筆者は音楽が好きなので、

絶対にイヤホンを付けて乗ります(笑)

 

でも、イヤホンを付けながらだと、

寝てしまう可能性が非常に高いです。

 

外界との音が遮断されてしまうので、

自分だけの世界に入りやすく、

寝てしまう可能性が高いのです。

 

しかも、音が遮断されているので、

駅に着いても起きる事がなく、

トンデモなく奥地まで行ってしまう事があります。

 

筆者は何度もその経験をしています(笑)

 

なので、眠たい時はイヤホンを外しましょう。

 

イヤホンを付けていると、

かなり痛い目を見ますよ。

対策方法その3・辛いガムを噛んでおく

 

電車での居眠りを防止する対策方法その3は

「辛いガムを噛んでおく」です!

 

辛いガムは眠気覚ましとしてとても有効ですよね?

 

寝てはいけない時、

様々な場面で活躍すると思います。

 

もちろん、辛いガムは電車での居眠り対策にも効果的です。

 

電車って体を動かさずにすむので、

眠りの態勢に入りやすいんですが、

ガムを噛んでいると体を動かすので、

眠りの態勢に入りずらくなります。

 

更に、ガム自体が辛いので、

そもそも眠くなりづらいですよね?

 

ウンと辛いガムを噛んでおけば、

眠ってしまう事はまず無くなるでしょう。

 

対策方法その4・眠気覚ましのツボを押す

 

電車での居眠りを防止する対策方法その4は

「眠気覚ましのツボを押す」です!

 

どうしても眠たい時は、

眠気覚ましのツボを刺激してみましょう!

 

とっても手軽に眠気を覚ます事ができます!

 

筆者がオススメするツボは「労宮」と呼ばれるツボです!

 

このツボは手のひらの丁度真ん中にあるツボで、グリグリと刺激する事で効果が得られます。

 

手軽に刺激できる上にその効果は絶大です。

 

ずっと刺激しておけば、

眠気なんてスグに吹き飛んでしまうでしょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

この4つの対策方法を施しておけば、

電車で居眠りする事はないでしょう!

 

やっぱり、

一番確実な方法は「座らない」という方法です。

 

座ってしまうと、

どうしても眠たくなってしまいますからね。

 

座りたい気持ちは分かりますが、

絶対に寝ちゃダメな状況ならグッと我慢しましょう。

この記事もオススメ!