会話ネタ

面白い会話ネタを作る方法!どんな人でも面白い会話はできる!

 

面白い会話ネタがあれば、

どんな時でも会話に困りません。

 

それに、男女ともに面白い人はモテます。

 

なので、

面白い会話ネタを作れるようになれば、

非常にモテモテになれるでしょう。

 

でも、面白い会話ネタって作るのが難しいですよね?

 

もしかすると、

作り方すら分からない方もいるかもしれません。

 

そこで今回は面白い会話ネタを作る方法をご紹介!

 

この記事を最後まで見てもらえれば、

面白い会話は誰でも簡単に作る事ができます。

 

どんな人でもできるので是非最後までご覧下さいね!

スポンサーリンク

面白い会話ネタを作る方法!

すべらない話を参考にしよう!

 

面白い話と言えば、

まず思い浮かべるのが

「人志松本のすべらない話」

だと思います。

 

お笑い芸人が、

そのトーク力を余すことなく披露する番組ですよね?

 

実は、あの番組に面白い話を作るヒントが隠されています。

 

すべらない話を見ていると分かると思いますが、

面白い話ってネガティブな話なんです。

 

ポジティブな話ではそうそう笑いは取れません。

 

この事を理解すると、

面白い会話ネタを作るのは非常に簡単になりますよ!

 

面白い=ネガティブな話

 

面白い話=ネガティブな話。

 

これは別にお笑い芸人に限った事ではありません。

 

我々のようなお笑いの素人でも、

面白い話をしたいのなら、

ネガティブな話をするのが一番なんです。

 

話をもう一度すべらない話に戻しましょう。

 

すべらない話の殆どは

「芸人さんがネガティブな感情を抱いた話」

なんです。

 

例えば

「怒り、寂しい、辛い、痛い、etc…」

 

こんな感じで、どれもがネガティブな感情を抱いた話なんです。

 

その事を踏まえたうえで、

一度すべらない話を見てみて下さい。

 

殆どがネガティブな感情を抱いた話で構成されています。

 

つまり、ネガティブは笑いに変える事ができるのです!

スポンサーリンク

ネガティブな感情を笑いに変える!

 

最近、身の回りでネガティブな感情を抱いた事はありませんか?

 

どんな事でも構いません。

 

一度それを頭の中に思い描いてみましょう。

 

一番簡単なのは「怒り」の感情を抱いた話です。

 

怒りの感情は最も笑いに変えやすい感情でもあります。

 

その時は怒り心頭でも、

後になって振り返ってみると笑ける事ってありますよね?

 

つまり、それは面白い話だからなんです。

 

最近アナタが怒った話を思い出してみましょう。

 

そして、その話を面白い話だと思って一度喋ってみて下さい。

 

この時、誰かに聴かせる必要はありません。

 

一人でも大丈夫です。

 

すると、怒りを抱いた話がだんだんと面白い話に変わっていくのです。

 

何度も話す事でどんどん笑いの精密度はアップしていきます。

 

間や感覚を掴めば立派なすべらない話になるでしょう。

 

こんな風にネガティブな感情を抱いた話は面白い話に変わるんです。

 

その時は辛い事かもしれません、

怒っているかもしれません。

 

ですが、

後になって思い返して話すと、

それが面白い話に変わるんです。

 

実は面白い事は身の回りで起きている!

 

その場で面白かった話って、話すと意外と面白くありません。

 

その場で面白かった事は、

その場にいないと伝わらないからです。

 

しかし、ネガティブな感情を抱いた話は違います。

 

面白いという角度から話に入らないので、

聞いている人もかなり面白く感じるんです。

 

なので、非常に笑いが生まれやすい。

 

そして、ネガティブな感情を抱く事って意外と身の回りに多いと思います。

 

特に、怒りの話なんて、

しょっちゅう起きていますよね?

 

それらを笑いに変えていって下さい。

 

慣れればどんなネガティブな話でも笑いに変える事ができますよ!

 

まず、

ネガティブな感情を抱いた事を思い出す、

そしてそれを面白い話だと思って話す。

 

これの繰り返しが面白い会話ネタを作る一番の方法です!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

面白い話って意外と誰でも作る事ができるんです。

 

大事なのは

「ネガティブな感情を抱いた」

話であるという事。

 

楽しいや面白いなど、

ポジティブな感情を抱いた話は笑いになりません。

 

そこだけは注意しておいて下さいね!

スポンサーリンク

コチラの記事もオススメ!