学生

修学旅行の前日にぐっすり眠る方法6選!眠れない人必見!

この記事は約5分で読み終えれます

 

修学旅行って楽しみですよね~。

 

楽しむで楽しむで仕方がないと思います。

 

筆者もそうだったので、その気持ちは痛いほど分かりますよ(笑)

 

ですが、楽しみ過ぎて寝れないとダメです。

 

寝てない状態での修学旅行はフルで楽しめませんからね。

 

そこで今回は修学旅行の前日にぐっすり眠る方法をご紹介!

 

中々眠れない人は是非参考にしてみて下さいね!

スポンサーリンク

前日に寝れないのは大丈夫?

 

前日に眠れないのは全く大丈夫ではありません。

 

修学旅行は前日から始まっていると言っても過言ではありませんからね。

 

修学旅行の戦いはもう始まっているんです。

 

前日に眠れないと、様々なデメリットがあります。

 

まずはデメリットから紹介していきましょう。

 

寝れないと起きるデメリット

デメリットその1・体調不良になる

 

まず、体調不良になります。

 

これは痛いですよ~。

 

最悪の場合、風邪を引いてしまいますからね。

 

風邪を引いてしまったら、どんなに楽しみでも楽しめなくなってしまいます。

 

筆者の友達にも、修学旅行中に風邪を引いた人がいました。

 

その友達はホテルでずっと寝ていましたね。

 

残念な修学旅行だったと思います。

 

前日に寝れないままだと体の免疫力が下がり、風邪をひいてしまうかも!

 

残念な修学旅行にならない為にも寝るのは非常に大事なんです。

 

デメリットその2・途中で眠気が襲ってくる

 

体調不良にならなかったとしても、眠気が取れる訳ではありません。

 

いつ、眠気が襲ってくるか分かりませんからね。

 

最悪なのは修学旅行の真っ只中で眠気が襲ってくるパターンです。

 

これが一番最悪。

 

眠気が襲ってきてしまうと眠い気持ちで一杯になります。

 

楽しめるものも楽しめなくなりますからね。

 

もし、寝ずにオールしたとしても、寝れる時間は目的地に向かう移動の時間だけになります。

 

それだけの時間だと、かなり少ないですからね。

 

絶対に寝不足になりますよ。

 

寝不足にならない為にも睡眠は非常に大事です。

 

デメリットその3・皆が楽しい時に楽しめない

 

寝不足になってしまうと、皆が楽しい時にアナタだけ楽しめません。

 

もしかすると、目的地に向かう移動中に楽しい事があるかも知れませんしね。

 

寝不足になってしまうと、他の友達に比べて明らかに損なんです。

 

フルで楽しみたいのなら寝不足は邪魔でしかありません。

 

途中で睡魔も襲ってきますしね!

 

寝不足にならない為にも、しっかり睡眠をとりましょう。

 

やっぱり寝るのが一番!

 

オールでいくという選択肢もなくはありません。

 

移動中に寝れますからね。

 

ですが、寝れると言っても精々数時間位です。

 

しかも、布団やベッドに比べて非常に寝心地が悪い!

 

なので、睡眠不足になるのは間違いないと言えるでしょう。

 

先程も言いましたが、睡眠不足になるとデメリットだらけです。

 

全く楽しくなくなりますよ!

 

睡眠不足を回避する為にも、やっぱり眠るのが一番1

 

しっかり寝てフルで修学旅行を楽しみましょう!

 

でも、その眠る方法がどうしたら良いのかが分からないんですよね?

 

しっかり紹介していきますので実践してみて下さい!

スポンサーリンク

前日にしっかり眠る方法

眠る方法その1・お風呂に入る

 

人は体温が高くなると、眠りやすくなるんです。

 

寒い冬って眠りにつきにくいですよね?

 

だけど、布団が暖かくなってくると、自然と眠くなってくると思います。

 

暖かい場所は安心感を生み、眠りやすくなるんですね~。

 

これは本能的なものです。

 

これを利用する為にお風呂に入ってみましょう。

 

お風呂に入る事で自然と体温が高くなります。

 

体温が高くなる事で眠りやすくなるんです。

 

手軽ですし、汗臭さも取れます。

 

非常にオススメな方法ですよ!

 

眠る方法その2・入眠音楽を聞く

 

入眠音楽も非常にオススメ!

 

Youtube等の動画サイトに多く上がっていますね!

 

入眠音楽はリラックス効果があります。

 

リラックスする事によって眠気を誘うんです。

 

ずっと聞いていれば、自然と眠くなってきますよ!

 

スマホから音楽を流して枕元に置いてみましょう。

 

非常にオススメな方法です。

 

眠る方法その3・瞑想する

 

瞑想も良いですね~。

 

眠ろう!眠ろう!

 

と、思ってしまうと逆に眠れなくなります。

 

眠ろうと意識する事で、自律神経が活発化してしまうんです。

 

自律神経が活発化してしまうと、より一層目が覚めてしまいます。

 

瞑想をする事によって自律神経が沈静化。

 

結果、眠りやすくなるんです。

 

無理に眠ろうと意識せず、他の事に意識を向けましょう。

 

無理に眠ろうと思ってしまうと、より眠れなくなりますよ!

眠る方法その4・前々日から起きておく

 

実際に筆者がやった方法です(笑)

 

もうね、前々日から起きておくんです。

 

前々日から起きておけば前日の夜には眠くなります。

 

非常にオススメな方法ですよ!

 

前日が眠くたってデメリットはありませんからね。

 

眠るのに不安があるのなら非常に有効な方法!

 

前々日から起きておいて、前日に寝不足を誘いましょう!

 

眠る方法その5・とりあえず目を瞑る

 

眠れない時はとりあえず目を瞑ってみて下さい。

 

目を瞑る事で睡眠時の70%ほどの回復効果があります。

 

目を瞑るだけでも体力が回復するんです。

 

それに、目を瞑る事によって、いつの間にか眠くもなります。

 

とりあえず目を瞑って寝てみましょう!

 

寝れなくても体力が回復するので、かなり使える方法です。

 

眠る方法その6・睡眠薬を飲む

 

最終手段ですね~。

 

できれば、あまりオススメはしません。

 

まだ学生の内から睡眠薬に頼ってしまうと癖になりますからね。

 

なので、あまりオススメはしません。

 

ですが、効果がある事は間違いないと言えるでしょう。

 

不眠症気味な方は睡眠薬を使うのも一つの手。

 

ただ、あまりオススメはしません。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

これらの方法ならぐっすり眠る事ができる筈!

 

しっかりと前日に眠って楽しい修学旅行にして下さいね!

スポンサーリンク

コチラの記事もオススメ!