その他

ジューンブライドの意味と由来とは?何故6月が良いとされるのか!

この記事は約3分で読み終えれます

 

花嫁にとってジューンブライドは憧れますよね?

 

幸せの象徴とも言われており、ジューンブライドで式を挙げたい人も多い筈!

 

ですが、何故、ジューンブライドは良いとされるのでしょうか?

 

その由来ってあまり知らないと思います。

 

そこで今回はジューンブライドの意味と由来をご紹介!

 

ジューンブライドをしたい人、憧れを持っている人は是非最後までご覧下さい!

スポンサーリンク

ジューンブライドとは?

 

まずは簡単にジューンブライドについてご紹介しましょう。

 

ジューンブライドとは簡単に言うと「6月の花嫁は幸せになれる」という伝説です。

 

いわゆるジンクスの一つですね。

 

6月の花嫁はジューンブライドと呼ばれるのです。

 

幸せな結婚生活を望む人はジューンブライドを望みますよね?

 

結婚式場は6月になると大忙しになるそうです。

 

ジューンブライド様様ですね(笑)

 

そんなジューンブライドですが、日本発祥の伝説ではありません。

 

元々はヨーロッパから始まった伝説だと言われています。

 

ヨーロッパが発祥の地

 

ジューンブライドはヨーロッパが発祥の地です。

 

では何故、ヨーロッパでは6月の花嫁が良いとされるのか?

 

それには実は様々な説があります。

 

中でも最も有力な説はローマ神話の女神「ユノー(英語圏ではジュノ)」に由来するというもの。

 

ユノーはギリシャ神話では主神ゼウスの妻「ヘラ」と呼ばれています。

 

つまり、かなり位の高い神様なんですね。

 

ジュノは結婚や出産を司る神と言われていて、そんなジュノが守護する月が6月なんです。

 

なので、6月に結婚すると幸せになれると言われているんですね。

 

また、ヨーロッパでは3月~5月は農作業の妨げになるとの事から、結婚が禁じられていました。

 

解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、ジューンブライドが良いとされたという説もあります。

 

更に言うと、ヨーロッパの6月は天候の良い日が多い!

 

なので、6月に結婚式を挙げるのが良いとされたのでしょうね~。

 

と、まあ、このように様々な要因が絡み合って、ジューンブライドは生まれたのです。

スポンサーリンク

何故日本でも行われるようになったのか?

 

では、そんなジューンブライド、何故日本でも行われるようになったのでしょうか?

 

元々はヨーロッパのしきたりですからね。

 

日本には全く関係ありません。

 

また、日本では6月は雨季です。

 

結婚式を挙げるには、ふさわしくない時期ですよね?

 

何故日本でジューンブライドが良いとされるようになったのでしょうか?

 

これには実は雨季が関係していると言われています。

 

皆さんもご存知のように6月は雨季真っ只中です。

 

多くの雨が降りますよね?

 

その影響もあってか、6月に結婚式を挙げるカップルは昔は非常に少なかったんだとか。

 

これを打開すべく、式場関係者が目をつけたのがヨーロッパのジューンブライド伝説です。

 

ヨーロッパでは6月に結婚式をすると幸せになれると言われている。

 

だから、6月に結婚式を挙げよう!

 

と、キャンペーンを打ったんですね。

 

これが見事に大ヒット!

 

晴れて6月は1年を通して結婚式をよく挙げられる時期になりました。

 

つまり、日本でジューンブライドが行われるのは、売り上げが下がる6月にも式を挙げてもらう為だったんですね。

 

何故雨季時期が良いとされるのか?

 

長年筆者は疑問でした。

 

ですが、その様な事があるとなると非常に納得ですね。

 

ジューンブライドは幸せになれる?

 

6月の花嫁は幸せになれる

 

そう言われるジューンブライド伝説。

 

でも、本当に幸せになれるかは、夫婦にかかっていると言えるでしょう。

 

もちろん、ユノーが見てくれていれば仲良くできる可能性も上がります。

 

ですが、最終的に大事なのは夫婦の気持ち。

 

ジューンブライドも大事ですが、それ以上に二人の気持ちも大事ですよ!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

ジューンブライドが良いとされるのには、この様な理由があるんですね~。

 

長年謎だったんですが、非常に納得できる理由でした。

 

やっぱり最終的にはお金なんですね(笑)

スポンサーリンク

コチラの記事もオススメ!